つぶやき社長

現在の位置:TOP > つぶやき社長 > 2013年6月アーカイブ
プロファイル
ホワイトシャーク
山形のグレッグノーマン

私の謎のデータ?わかるかな…

 1.72-116
 2.56-164
 3.461
 4.94
 5.164
  ↑
 何の数字?

私の信条
(上記数字とは関係なし)
・今日が未来
・プラス思考が明日を開く
・人生はすべてイーブン

数字の回答
1.血圧 2.体重身長
3.JOPテニスランキング
(全国65歳)
4.2015年ゴルフアベレージ
5.カミさんの身長 体重不明

2013年6月アーカイブ

日経ダウが上がれば楽観論、下げれば悲観論、さらに非難論
 
行き過ぎは反動がつきもの、年初に誰ひとり予想だにしない
 
5月で日経平均16,000円
 
 
 
昨日までの持ち上げすぎのアベノミクス 下がって12,000台では
 
今度はマスコミこぞって非難、ほころび論
 
 
 
何かに頼らないと安心できない?日本人 
 
上がれば下がる、行き過ぎは調整が出る。 株価は先行期待
 
 
経済は今が実態。 実体はまだまだ課題多く厳しい
 
されど先行きには明るい材料も多くある。今は新しいステージを
 
目指している最中
 
 
 
 政治も経済も時間とともに結果が出てくるもの
 
今こそ見守る信念と未来への確信が必要だ
 
 
 
アベノミクスも施策実行が動き始めたばかり、成功か失敗かはこれからだ!
 
 
本物の日本復活にかけて ここはジタバタせず 成果が出るまで
 
鳴くまでまとうホトトギス
 
 
 
実体経済の復活はいまこれからへ 株価は又動き始める
 
 
心一つのおきどころで待つ  今は創造の時  経済を社会構造の
 
変革へ
 
 
山形の創造は 山形大学の有機EL  クモの糸のスパイバーなど
 
多くの未来の産業が見え始めている
 
 
 
世界の憧れの国 ジパング、日本を取り戻せるか・・・・・!!
 
 
それは我々国民にかかっている
 
せいてはコトをしそんじる?・・・・
 
 
未来をつくれるかはこれからが正念場!!
672号(2013.06.14)
ネット社会は過激に刺激的に社会をかえてゆく
 
 
異次元緩和で円、株価がジェットコースター並みの動きから
 
ダッチロール気味の状況へ  情報の独り歩きから・・・
 
また、テレビもどきの国家による情報の監視、収集
 
まさに、なんでもありの世界の状況か
 
 
 
株価もよく飛んだが、野球ボールも負けてもいなかった。
 
こちらもモーレツに高く場外へ
 
でもやりすぎれば落ちてくる 人気もファンも・・・・
 
 
 
 
国益のための戦略戦争ともいえる現在の世界の流れ
 
今までのある程度先の見えた時代から、先の見えない
 
不安定要素の多い現状へ 
 
 
国の舵取りも、金融経済の舵取りも、企業の舵取りも
 
またまた、生活の舵取りまでもが?すべてが未体験ゾーンへ
 
 
 
過去に経験したことの無い 異常の連続をどのように切り抜けるのか
 
いま、国家も企業も個人も立ち向かわなければならない
 
 
それぞれが、まさに未体験ゾーンでの判断、決断、考動力が問われる
 
 
されど、未体験ゾーンほどチャンスが広がっている!!
 
 
今こそ地頭で己を信じて・・・・!
 
 
まもなく地場のサクランボも旬へ?・・関係ないか・・・・・・
経済復活へ、景気回復へのいよいよ正念場へ入ってきた
 
昨年から突如としてアベノミクスへの期待だけで
 
動いてきた金融を中心とした経済の流れが 一区切り
 
現実世界へ引き戻され 16000円近くまでの日経平均が12000台
 
まで急落  マスコミこぞっての右往左往・・
 
 
また、昨日米国連銀のバーナンキ議長の金融政策変更で
 
米国株の急落
 
しかしそれは米国経済の回復見通しが確実になってきた証
 
 
米国の景気回復の道筋が見えてきた。 これからは米国も日本も
 
本当の回復へさらに上昇できるかの正念場がやってきた
 
ということである。
 
 
 
 
日本はこれからの参院選挙を乗り越え、本物の経済回復へ
 
進んでゆけるか、今年の後半と来年へかけての正念場に入ってゆく
 
 
非常に刺激的でもあり、ワクワク期待もあり、リスキーでもあるが
 
新しい展開が始まるこれぞ未体験ゾーンのスリル
 
 
ここからは、プラス思考と行動力が決めて。
 
 
 
政治も経済も個人までもがこれからの一年間 どのように行動するかで
 
明暗が、次のステージで輝けるかがきまるだろう!・・・・
 
 
 
このビッグウエーブを乗りこなそう! 
東北は空梅雨? そんな雨の少ない日々が続いている 
 
どうしても気になる日本の今後、景気動向はドッチへ・・・
 
 
 
最近TUBUYAKI が景気回復見通しの話が多くなっている
 
日本にとって(世界にとってもだが)まさに正念場だけに
 
ここを乗り切ることが絶対必要になっている
 
 
 
世界の現実は不安材料のオンパレード  まさにタイトロープ
 
 
 
景気回復が目に見えるようになるまで いらぬブラックマンデーを
 
先送りさせるためにもバーナンキさんの次の発言が重要に
 
なってくる。
 
 
 
先日QE3量的緩和の縮小もありえるとの発言が世界の経済を
 
為替を株価を大きくゆるがせた。
 
 
 
今は中国のシャドウバンキング問題や、まだに収まっていない
 
ヨーロッパ危機、新興国の景気の急速ダウン、もちろん日本の
 
為替、株価のためにもバーナンキ議長のこれからの発言は
 
かなり重要なことに。
 
 
 
ようやく明るさが見え始めた日本が本格的に立ち直るためにも・・・。
 
 
 
ヤッパリ日本の未来は米国次第か・・・・
 
これも自立できるか・・・いま、問われている日本