第2回「改正フロン排出抑制法について」

現在の位置:TOP > サービス情報 > メンテナンス > 第2回「改正フロン排出抑制法について」

2015年4月1日より「改正フロン排出抑制法」が施行され、家電以外の業務用冷凍空調機器はフロンガスの漏洩点検が義務化されます。

  1. 施行日と対象製品について
    • 2015年4月1日から施行です。
    • 第一種特定製品(業務用冷凍空調機器)が対象です。(レンタルやリースも含みます)
  2. 適切な場所への設置について
    • 機器の損傷を防ぐ為に、適切な場所への設置、設置環境の維持・保全が必要になります。
  3. 機器の管理者設置、簡易点検・定期点検について
    • 対象機器を保有する者(企業)は管理者による管理が必要になります。
    • 対象機器の全ては、年4回以上の簡易点検(実施者制限なし)が必要になります。
    • 電動機(圧縮機)の定格出力が7.5kW以上の機器は専門知識を有する者による定期点検が必要になります。
  4. 修理をしないままの充填の原則禁止について
    • 漏洩が確認された場合、やむを得ない場合を除き、速やかな漏洩箇所の特定、 修理を実施しなければなりません。
  5. 点検等の履歴の保存について
    • 適切に機器管理を行う為に、機器毎の履歴を記録し保管しなければなりません。
      (各点検結果、修理内容、冷媒の充填・回収量などの履歴)
    • 機器整備時に、整備業者の求めに応じて該当記録を開示しなければなりません。
  6. 算定漏洩量の報告
    • 全事業所、1年間での漏洩量がCO2換算で1,000(CO2-ton)以上の場合は国に報告する義務があります。
  7. 廃棄時のフロン回収について
    • 第一種フロン類充填回収業者でフロンを回収した後に機器を廃棄しなければ なりません。
    • フロン回収の依頼時は、行程管理票を交付しなければなりません。

ご使用中の機器、改正フロン排出抑制法につきましてのご不明な点がございましたら、お問合せ下さい。

各メーカーからの情報につきましては、随時弊社ホームページ上でアップ致します。
「簡易点検を行いたいが、どのどの様に行ったらよいか分からない」
「簡易点検をお願いしたい」
などのご依頼につきましては、弊社でも点検メニューを検討中です。


改正フロン排出抑制法の詳しい情報につきましては、
日本冷媒・環境保全機構(JRECO)のホームページをご確認ください。
URL:http://www.jreco.or.jp/

追加情報

2015/03/16 エスペック、「フロン排出抑制法における定期点検対象機種について」を追加いたしました。
      対象機種につきましてはPDFファイルをご参照下さい。
      エスペック フロン排出抑制法点検対象について.pdf

フロン排出抑制法に関わる点検のお知らせ(エスペック)
「簡易点検記録表」「漏えい点検整備記録表」のフォーマットが下記よりダウンロードできます。

http://www.test-navi.com/jp/pdf/news20150325.pdf?_ga=1.158176890.195436820.1410940289